てんかんに苦しむ人たち

突然の発作が発生するてんかんに備えて薬は常備しておくものですので、常に携帯しましょう。いつも使っている薬が決まっているのでしたら、通販での購入が安価でおすすめです。こちらではてんかんの解説や通販についてを取り扱います。

てんかんは完治する?

てんかんは幼児期や思春期に多く見られる病気で、主に投薬によって治療が行われます。長年にわたって薬を服用する必要がありますが、てんかんの種類によっては完治するものもあります。

特に幼いころに発症したタイプは完治しやすく、医師による適切な診断と薬の服用によってほぼ症状が起こらず普通に生活することができます。薬の効果が現れやすく、経過によっては薬の使用も中止して完治するケースも多く見られます。幼い子供ほど成長と共に脳が発達し成長していくため、薬を適切に使用していけば徐々に症状が起こらなくなっていくのです。約8割以上の患者が、成長と共に投薬を完了することができると言われており、完治と言っても問題ありません。

これに対して、大人になっても症状が現れる場合は完治は難しいとされています。薬を服用していれば症状自体は起こらず生活できるのですが、服用を止めれば途端に症状が現れる自ケースがほとんどです。これは、成人の場合は既に脳が成長しきっているため、てんかんの原因となる脳の異常や傷が修復されにくいことが原因の一つだと考えられています。子どもの場合は2年発作が無ければ薬を終了して完治とみなされるのですが、大人の場合は5年以上発作が起きていないことが条件で、定期的に脳波のチェックなどを行う必要もあります。もし何年も発作が起こっていないからと言って勝手な判断で薬を中止すると、高い確率でてんかん症状が再発することが知られています。一般的に、2年以上発作がなく薬を中止した人のうち1年後で約25%の人が再発し、2年後になるとさらに約30%が再発するという調査報告もされています。再発率が非常に高い病気であるため、決して自己判断で薬を止めたりしないようにしましょう。