てんかんに苦しむ人たち

突然の発作が発生するてんかんに備えて薬は常備しておくものですので、常に携帯しましょう。いつも使っている薬が決まっているのでしたら、通販での購入が安価でおすすめです。こちらではてんかんの解説や通販についてを取り扱います。

てんかんにおける精神障害の認定基準

てんかんにおける精神障害と認定される基準について順に説明していきます。
もちろん、精神障害と認定されれば、障害年金の対象となります。
てんかんで障害年金はもらえないということはありません。
先ず、てんかん発作の症状は、本当に色々です。
症状は運動障害、認知機能障害、精神障害、発達障害などです。
また、睡眠障害、社会的障害、骨粗しょう症もあります。
生殖機能障害、心血管障害、頭痛の症状が出る人もいます。
また、薬によって消失する発作から、難治性の抑制できない発作まで様々です。
そして、てんかん発作として、精神的な症状や認知障害などが出ます。
そのタイプは、意識障害があり、その状況にそぐわない行為をしてしまうというもの、意識障害の有無を問わない、転倒してしまうというもの、意識があり、行為が途切れるけれど転倒しないというもの、意識障害はないけれど、随意運動ができなくなるというものがあります。
充分に治療を受けたにもかかわらず、精神的な症状や認知障害などがなかなか良くならないということもあります。

このようなてんかんにおける精神障害の認定にあたって、その発作の重度や頻度に加えて、精神的な症状や認知障害の結果として、日常生活に必要な動作がどのくらい損なわれて、そのためにどんな社会的な不利益を被っているのかという観点で見られることになります。
また、てんかんだけでなく他の認定の対象となる精神疾患もあるという場合、加重認定はされません。
てんかんと他の精神疾患は別々の病気として扱われず、総合的に障害の程度を判定されることになります。
なお、抗てんかん薬や外科的な治療によって抑制される場合、原則として認定の対象になりません。