何故てんかんになる?

てんかんに苦しむ人たち

突然の発作が発生するてんかんに備えて薬は常備しておくものですので、常に携帯しましょう。いつも使っている薬が決まっているのでしたら、通販での購入が安価でおすすめです。こちらではてんかんの解説や通販についてを取り扱います。

てんかんになる原因とは?

外傷や脳障害などの病気を原因とするものでない一般的なてんかんの場合、原因は不明なことも多いのですが一部の患者は遺伝子に何らかの異常があることによって発症することも分かってきました。遺伝子と言っても、親から子へ受け継がれる遺伝とは別物で、あくまで個人の遺伝子に特殊性が見られたり、様々な遺伝子が複合的に影響しあうことで症状を引き起こすことがほとんどです。

現在、遺伝子工学の発達によって解明されたてんかんの原因遺伝子は100種類以上あるとされていますが、この遺伝子が子供に受け継がれたとしても必ずしも発症するわけではありません。しかし、中には遺伝によって子どもにてんかん症状が発生するケースもあり、全患者数のうち10%前後が該当します。遺伝するてんかんは良性家族性新生児けいれんという名前が付いており、子どもが発症するてんかんの中では比較的症状の軽いものとなっています。生後3日目前後に発症することが多く、親は驚いてしまいがちですが約70%は生後2か月以内には発作が起こらなくなります。赤ちゃんの時期のてんかんは運動障害や知的障害を併発することもありますが、遺伝性の場合はこれらの障害もなく、順調に成長するケースも多いです。遺伝性の場合、母親が妊娠中に血液検査などによって遺伝子異常が発見されることもあります。とは言え、お腹の赤ちゃんの成長や出産自体に問題は全くありませんし、遺伝子が見つかったからと言っててんかんへの対策や予防を行うことはできません。てんかんのうち原因が分かっているタイプは珍しいので、過度に心配することなく正しい知識の習得や医師への相談など、事前に出来ることをやっておくと良いでしょう。

■突然の発作時に苦しまないように治療薬を携帯しましょう
ラミクタール